FC2ブログ

日本を守れ 沖縄が危ない!

左翼、プロ市民から日本(沖縄)を守りましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

沖縄(琉球)独立の国連工作

沖縄(琉球)独立の国連工作(オナガ猿芝居)


翁長雄志知事の2015年4月~6月の一連の動きは、
① 4月14日に河野洋平と共に中国訪問し李克強首相と会談。
② 5月17日に開催した「沖縄県民集会」(=左翼団体の全国集会)
③ 翁長雄志知事が、5月20日に「私たちにも生きる権利と尊厳がある」
  と題し外国特派員協会で訴える。
④ 5月30日にハワイ州でデービッド・イゲ州知事と会談。
⑤ 6月2日に米議会のマケイン米上院軍事委員長と会談。
⑥ 6月3日にワシントンで連邦政府の部長や次官補代理代行と会談。
⑦ 6月19日にキャロライン・ケネディ駐日米大使と会談。
ですが、

④~⑦は、いずれも、米国でまともに相手にされず、逆に怒らせましたが、
1.辺野古基地反対を日本政府に言ってもだめだった。
2.米国に訴えてもだめだった。
3.沖縄県民の人権は無視されている。
というシナリオが作成されてます。

これを既成事実として
2015年9月に、国連に訴えて沖縄独立論を主張するつもりです。
詳細は、
下記、
『独立に向けた、翁長雄志知事の計画』及び、
【仲村 覚氏】「反政府闘争の基地として利用される沖縄」沖縄対策本部特別講演会 ロバート・エルドリッヂ氏 ⑤-2 2015.6.16
を参照してください。

『独立に向けた、翁長雄志知事の計画』の一部抜粋ですが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本来、日本国憲法上、沖縄が独立することはできず、
国連での「自己決定権」を行使することもできない。

しかし、国連が「沖縄県民が少数民族で日本に植民地支配されている」と認定すれば、
自己決定権を行使できる主体となる。

つまり、沖縄が国連で「自己決定権の回復」を求めるためには、
以下の条件を満たすことが必要となる。

・琉球民族は、大和民族とは言語も文化も歴史も異なる「先住民族」である。
・沖縄県民は、少数民族として日本から差別を受け、人権が侵害されている。
・沖縄は日本の植民地である。
そのために、翁長知事と琉球独立派は、独立に向けて以下の計画を着実に実行に移している。

松島泰勝教授、国連人権委員会先住民作業部会に参加(1996年)
松島泰勝教授、国連の脱植民地化特別委員会に参加(2011年)
翁長知事が県知事に当選。沖縄の方言である「しまくとぅば(島言葉)」を奨励し、
官公庁での使用、採用試験に採用、学校教育に採り入れるなど普及に努める。  

琉球新報において、「道標求めて」(独立運動キャンペーン)の連載がスタート(2014年5月)。
糸数慶子 参議院議員が国連人種差別撤廃委員会に登壇し、「琉球は人権弾圧を受けている」と主張(2014年8月)
国連の人種差別撤廃委員会が日本政府に対し、沖縄の人々は「先住民族」だとして、

その権利を保護するよう勧告(同8月)糸数慶子参議院議員が、

国連先住民族会議に参加。国防問題である基地問題を「先住民族である琉球民族に対する人種差別問題」に
すり替える(2014年9月)訪米した稲嶺進名護市長が、「沖縄は日本の植民地」とアメリカで発言。(2015年5月)

琉球独立学会の松島教授が日本記者クラブで会見。沖縄を「日米の植民地」と位置づけ、
「琉球人の琉球人による琉球人のための独立」を目指すと発表。(2015年6月)
島ぐるみ会議の島袋純教授が、2015年9月の国連人権理事会で、翁長知事の登壇を計画していると発表(2015年6月)

現職知事による「沖縄独立運動」を、肝心の沖縄県民はまったく知らされていない。
翁長知事がもしも本当に琉球独立を望むのであれば、堂々と「独立」を掲げて県知事選を戦い、
県民の信を問うべきである。

99%の県民は、沖縄の独立に反対しており、これからもずっと日本人であり続けたいと願っている。

もしも本当に、沖縄県民が平和を望むのなら、他国の侵略を呼び込むような「独立運動」を
推進する翁長知事は、即刻、退陣するべきである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、
独立に向けた、翁長知事の計画より一部抜粋


翁長氏が、国連で熱弁しても、彼には、反対意見を論破する能力は無く、
日本が孤立したり、沖縄が独立するということは、現実には無いと思いますが、
日米関係に、亀裂が入る恐れはあります。

中国は、嘘の既成事実を作り、ロビー活動で世界に吹聴し、日本を嵌めるつもりです。
今後も、左翼の作成した「沖縄の民意」に負けず、真実を共に拡げ、
中国から日本、沖縄を守りましょう。


上記③「私たちにも生きる権利と尊厳がある」の中で、
5月17日に開催した「沖縄県民集会」の琉球新報写真を見せながら、
・『沖縄県民の80%は、辺野古基地移設に反対している』
・『自国民の自由,人権,平和,民主主義も守っていない国(日本)が
アジアのリーダ,世界のリーダと言えるか』

等と訴えていましたが、


ふざけるな!!
と言いたいです、

「沖縄県民集会」の琉球新報の写真は、広角レンズを用いた
トリック写真で、現実には、半分の人数もいません。

又、「沖縄県民集会」には、沖縄県民は殆ど居らず、
集まったのは県外の左翼集団です。

まともな沖縄県民は、中国の領海侵犯を恐れており、
漁師も沖へ出て行くことができません。
殆どの沖縄県民は、辺野古基地移設に反対などしてません。

本当の沖縄県民を無視し、
「自由,人権,平和,民主主義を守っていない」のは、
翁長氏自身です。

又、那覇市長時代に税金を使い、県民(市民)の猛反対を無視し勝手に
中国の属国の象徴である、「4本爪の龍柱」を
立てておきながら(途中で頓挫)、「民主主義を守っていない」と
政府を批判するのはおこがましいです。
自分のしたことを猛省しなさい。
 そして、沖縄は琉球王国で、独立国であったと主張するのであれば、
何故、中国の属国を意味する龍柱を立てたのですか?

一度、精神鑑定なさったら如何ですか?


これがトリック写真の舞台裏です。  (3万5千人は嘘です !!!)

琉球新報に3万5千人「沖縄県民集会」集まったと称するトリック写真
(この写真に写っているのは殆どが,沖縄県民でなく全国から集まった左翼集団)
沖縄県民集会5月17日のトリック写真

撮影手法及び、撮影範囲 (超広角レンズでセカンド付近より撮影 [赤枠内])
沖縄県民集会撮影手法
(Youtubeより切取った画像。クリックしてもYoutubeに移動しません)

上空から見た写真(外野席は、ガラガラ)
沖縄県民集会上空から見た写真
(Youtubeより切取った画像。クリックしてもYoutubeに移動しません)

参考にしたURL

【仲村 覚氏】「反政府闘争の基地として利用される沖縄」沖縄対策本部特別講演会 ロバート・エルドリッヂ氏 ⑤-2 2015.6.16

翁長のアホさがわかるURL

沖縄基地問題 「翁長雄志」知事の二枚舌方便!中国「習近平」と手を組む「翁長雄志」知事


翁長雄志よ、これが沖縄県民の民意だ!!!

【これが沖縄のヘイワ運動だ】 怒りの地元住民と沖縄左翼


市民団体は沖縄県民の本音聞け! フェンスクリーン作戦


【米軍基地問題】大手マスコミが伝えない沖縄のお母さんたちの声 2010.5


【チーム沖縄】辺野古の漁師さんに聞いてみた
スポンサーサイト
[ 2015/07/18 01:13 ] 沖縄独立 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

nihonmamore

Author:nihonmamore
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
スポンサー広告欄
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。